HOME>注目記事>術後気を付けたいポイントや治療の種類をチェック

術後の食事内容に注意しよう

女性

もし、渋谷の歯医者さんでホワイトニング治療にチャレンジしたいと考えているのであれば、術後の食事内容に気を配るようにしましょう。ホワイトニング治療後は歯のエナメル質を覆っている「ぺリクル」という保護膜が、一時的に剥がれてしまう状態となります。治療後、約12時間から24時間ほどでペリクルは再生されるのですが、ペリクルが剥がれた状態で色の濃い飲食物を口にすると、急激に再着色を起こるリスクがあるのです。ですので、治療直後はコーヒーや紅茶など色素の濃い飲み物、またカレーなど色の濃い食べ物は避けるようにしましょう。また、喫煙や口紅を塗るといった行為も再着色を招くため、ホワイトニング治療後は行わないのがベストです。

オフィスタイプの特徴

女性

オフィスホワイトニングは審美歯科治療を行っている渋谷の歯医者さんで、ポピュラーに行われている治療法です。歯医者さん内で施術を受ける治療法で、過酸化水素を含む薬剤を歯に塗布し、さらにレーザーやハロゲンライトを照射することで、色素沈着を落としていきます。オフィスタイプは即効性の高さが魅力で、特にレーザーホワイトニングは1回の施術でも白くツヤのある歯へと導くことが可能です。

ホームタイプの特徴

女性

何回も渋谷の歯医者さんに通うのが難しいという人は、ホームホワイトニングという方法をチョイスしてみてはいかがでしょう。ホームタイプは歯医者さんで施術を受けるのではなく、自宅において自分でケアを続けることで歯を白くするホワイトニング治療です。歯医者さんで作成したマウスピースに薬剤を入れ、装着するという施術を自分で行う必要はあるものの、空いている時間にケアできるというのがホームホワイトニングの魅力となっています。

広告募集中